太陽調剤薬局 処方箋、薬に関する情報やよくある質問

stepmom movies

冷感タイプの湿布剤は、一般的に、局部を刺激し、痛みを伝える神経の働きを抑えることにより、打ち身・捻挫などの一過性の痛みや腫れを和らげるために使われることが多いです。温感タイプの湿布剤は血行をよくする作用があり、肩こりや疲労などによる慢性の痛みに使われることが多いです。慢性的な痛みには、どちらを使用しても基本的には大丈夫です。貼ってみて気持ちの良いほう、痛みの軽くなるほうを選ぶとよいと思います。温シップは、入浴30分位前にはがしたほうがよいです。ただし、湿布剤だけで治療できる症状はあくまでも局所的な軽い症状だけです。症状がひどい場合やたびたび起こる場合は、医師の診断・治療を受けることをお勧めします。また、湿布剤を5~6回貼って効果が現れないときも医師の診断・治療を受けた方が良いでしょう。

brazzers